ホーム>オフィシャルブログ>魔法>~愛の魔法~
魔法

~愛の魔法~

 

【愛の魔法】
今週もありがとうございました(/∀\*)
 
ハロウィンパーティー、1週間前!!
「楽しみーっ!!」と、発表もものすごく楽しみにしている子供たちも大勢☆
うふふ(〃艸〃) 楽しみにしていてくださいね!!
 
今週は、Unitの総復習をしたクラスがほとんど♡
また1部になりますが、動画をInstagramのストーリーまたはFacebookにあげているので、ご覧ください。
 
今週もたくさんのことを語り、そしてたくさんの話題に包まれる中、とあるクラスではとっても大事なお話をさせて頂きました☆。.:*・゜
 
魔法が生涯働き続けるためにもとっても大切なこと☆
そしてそれを通し、私自身また誓うことができた時間でもありました(⌒∇⌒)
 
これ以降は子供たちに話した事柄とは異なります。
 
 
何か目の前に問題が浮上した時、こういう時は何か忠告した方がいいのかな?とか、叱った方がいいのかな?と、思ったこともあり、そうしたこともありました。
しかしながら、それらはいつも一時的な絆創膏の役目
解決ではなく、ただの応急処置にしかならないのです。
続くことはけーっしてない。相手に何か働きかけるものもない。
 
 
そしてやはり、私はこれはできない!!
自分もそして相手のことも見失っているようで心からしたいことではないのです。。
 
 
その訳はもちろん講演会でもお伝えさせて頂くのですが、
 
 
人は自分自身がまずは誰かに認められ、愛され、愛に包まれた環境でない限りは、自分自身を変えようとも変わろうとも思わないということ。
これらは両親から気づきを得たことも事実です。
 
そして自分自身の中で変わろうという意識が働かない限りは、何度でも同じ状況が巡ってくるということを。
 
 
それをやはり確信しています。
以前お話した宇宙の法則がこれにあたります。
それが人間社会の原則であるということも。
 
 
その大切なお話をしている間にも自分に働きかけるものも大変多く、その後のクラスでは驚くほどの奇跡に包まれることとなりました
 
 
褒めて伸ばす方がいい!は、真実です。ただ、決して褒めれば良い!という意味ではありません。
 
ありのままに相手を心から愛することなのです。
そして相手を心から信じるということ
それが結果褒めるという言葉に映し出されているだけなのですよね。
褒めることにより、自分は相手に認められているという愛に包まれる。
だけれど… その褒め方が重要です。この訳はあまりにも深く今回の記事ではお話できないことをお許しください。
 
 
でもそれを本当に愛されていることに気がつくためには、まずは自分自身を愛する必要があるのです。
自分自身を信じる必要があるのです
これは恋愛においても反映する事実です。
不安になったりするのは?疑うのは?なぜなのでしょう。
 
 
自分自身の中にあるもの、そして働きかけるものがない限りは、本当の意味では誰かに伝えることもできなく、変わることも愛されている実感もなかなかわくことができません。
 
 
そして、人は、自分自身の許可がない限りは傷付くこともないということも。
どんなものも必ず刺激と反応の間にはクッションや空間が存在するということ
そしてその反応は自由に選択できるということ。
 
 
そのために、子供たち、幼少期に1番必要なこと。
それは子供たち自身が自ら何の見返りもなく心から大好きな人に、同じく心から愛されることなのです。
それが自分自身を心から愛せるようになる最大のエネルギーになります。
それで十分。それ以上に何もありません。
幼い子供たちは、いえ、彼らの中に好き嫌いは存在しません。心から皆を愛して生まれています。
 
 
土台の形成なしに、その上にたつものは大変厳しい道のりになります。土台に戻るためにあらゆる問題が次々に起きるのもまた事実です。
 
 
愛が唯一自分自身を変える魔法なのです。
 
 
触れ合う時間は問題にならない。
その時、1分でも大きく働くエネルギーの力に愛が存在します。
 
 
自分自身をコントロールできなくなるのは、愛の不足により、自分という存在が自分という感覚がないからなのです。
認められて初めて自分という1人の人間を認識します。
 
 
そして愛が存在しない中で受けたものは、潜在意識がそれを受け覚えており、あの法則からは離れることができず、必ずそれを誰かに同じことをしてしまうのです。
そして、罰などを与えれば、罰を受けた側ではなく与えた側の代償は良くないものであり大きいです。

また、愛が存在する中での事柄は、その真逆で、自らを反省し成長し、良いことを人々に与え、奇跡が待ち受けています。

 
 
愛は、自ら何かを愛するだけでも大きく働く魔法です。
愛はなぜなら、見えないもので愛することから始まり、それは動詞だからです。自ら動かない限りは存在しないものになります。
 
 
抱きしめるだけでもその瞬間から思考が全く異なるのは、愛とそれに働くエネルギーです。
 
 
見えている世界を変えたければ、まずは見えない世界を信じ変えること
潜在意識の重要性がここにあります。
 
 
今週はまた、私にとっても運命の日がやってきました!!
目の前には、30名以上の大田区を代表する方々Σヾ(・ω・´●)ノ
とある最終面接に出向いて参りました
 
(〃艸〃)これからを楽しみにしていてください