ホーム>オフィシャルブログ>お知らせ>フランスレポ♡ 東京都大田区のケーキ教室/パーティー料理教室
お知らせ

フランスレポ♡ 東京都大田区のケーキ教室/パーティー料理教室

【~大切な子供たちの気づき~ 】
フランスレポ♡

子供たちが経験したものは、パティスリー・パーティのFBページもしくはInstagramからご覧頂けます(´˘`*)


フランスから帰って、すこーし時差ボケはあるものの(笑)
楽しいレッスンができることに、とても嬉しく思っています(*⌒▽⌒*)


8月!と言えば、フランスでは銀行さえもお休みに。

そんな先週1週間のプチ留学体験は、フランス人にとっても最終週の受け入れ♡


他の国の方々(今回は、イタリア、スペイン、ホンコン、メキシコ、アメリカ人のお友達が)は、夏休みも7月から入る関係で、2週間以上の滞在が多かったのですが、それでもやはり子供たちにとっては、この全9日間は、人生の運命さえも変わってしまったほどの体験をしたようです(๑♡ᴗ♡๑)
いや、もともと行くことは決まっていたはず(〃艸〃)


文化の違いはもちろん、自由の国フランスで1番感じたことは、自由とは責任の上に成り立ち、それぞれの自己責任の強さがあってこそのものだということではないのでしょうか。


待っていても何もお知らせさえもこないので(笑)自らどうしたいかというもとで行動していき、自らどんどん積極的に参加していくことの大切さだったり、


どんなものも自由だけれど、自由でいるためには、どんなことを大切にするべきかを色んな体験を通し感じていたのではないかな(´˘`*)

今の時間をどう使うべきかも、責任のもと。


子供たちからは、「その方がいい。人や物のせいにしなくなるもんね!」と。


そんな文化の違いに最初はなかなか自ら行動を起こすことさえも難しく、言葉もなかなか出てこなく、どうしようの一点張りだったのですが、
待っていても誰も何も助けてくれないことが分かると、(それもそうしたいと思って尊重するため)
周りの子供たちの様子などをよ~く観察しており、
最後は、どんなことも積極的に行動している姿に本当に感激しました✩.*˚

おのずと、自分自身の中に眠っているものがどんどん開花していったのでしょう(´˘`*)


持ち物の自由ももちろんあり、制限されることがあまりないので、相手と自分の持ち物を比べたりもなく、これはいけないのではないか?といった色んなものを見ては心配になるなどの目線にもなりません。


そしてそんな文化だからこそ、比べるということ自体がないことも分かり、ありのままの自分を自分自身感じ取れたのではないでしょうか(* ˘ ³˘)♡*


相手と自分はまーったく関係ないのよね。
お互いものすごく尊重し合っているのも感じとれたのではないかな?


どんな体型だろうが、どんな服装だろうが、どんな髪型だろうが、まーったく関係ない。
そんなことを話題にする人はまずいないわね(笑)


自然に出てくる、「最高に楽しい!!」「最高に幸せ!!」「ずっとここに住みたい!!」「絶対にまた戻ってくる!!」


感じなければ出てこない言葉の数々に、自ら驚いていましたね(´˘`*)


自由と人権は、確かにフランスは並外れて強いものがあります。


誰かの意志を親であろうが否定することもほとんどなく、その人1人1人が決めたことを尊重する文化が根付いています。


フランスの小中学校が、私も住んでいた時同様、月・火・木・金の週に4日しかないことを子供たちに告げると、倒れるように驚いていました。


時間も昔よりも遥かにはやい15:30終わり。
先生たちも一緒に帰ることがほとんどです(笑)


それでも年々成績はもちろん幸福度も下がることはないことに、驚きが隠せないようでした( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎


これも日々伝えている時間の魔法が関係しているわね✩.*˚

心の状態が現実を作り、文化になる。


フランス人は、とにかく家族と共に過ごすことや、夕方の時間帯や余暇、バカンス、食事を何よりも優先しています。


月曜日は、ほとんどのお店が14時スタート。


金曜日は仕事もほぼやらず(笑)お店も早々に閉まったりします(笑)


余暇やバカンスを共に過ごす時間は、いつまでもキラキラした思い出が残り、常にハッピーでいられるのですよね(๑♡ᴗ♡๑)
だからこそ、次々にそれらを引き寄せることができるのも魔法を知っている子供たちだからこそ深く納得していたよう。


今回の旅は、色んな刺激があり私の今後も大きく変えたほどになりました。新しい生き方がこれから出来上がっていきそうです(〃艸〃)


「来年行きた~い!!」子供たちからたくさんの行きたいも♡
必ず一緒に行きましょうね(*´˘`*)


このプログラムで航空券も滞在費も全てコミコミで20万ちょっと!!
必要なのは、お土産分のみです✩.*˚


フランスは、教育も大学まで無料のところが多く、子供たちのこうした受け入れにもお金にはあまり頓着しないところも本当に魅力的です。


フランス人の口癖
「お金は、ただ生活の手段であって、生きるためにあるのではない。」
つまり大切なのは、その外側にあるのですよね✩.*˚


お金自体に価値をおくのではなく、どんなことにお金を使うのかを重視しているようです。
高価な物を買うことよりも、人生を楽しみ、より豊かにしてくれる<経験>にお金を使うのがフランス人のお金への考え方なんですね。

以前、娘に「どんなことが楽しい?」と聞いて、
「色々な経験!」と、堂々と答えていた場面をふと思い出しました。


やりたいことが明確になったり、勉強が楽しくなるのも本当に経験は必要なことなのですよね。
その中でも異文化の触れ合いは強烈です。
これだけは、声を大にして伝えさせてください!!


そしてお金がなくてもまーったく平気で、楽しむのに必ず必要ではない!と思っているフランス人には本当に昔から尊敬します。


追記♡

子供の頃に経験する様々な体験は、素直に受け止めることができるのはもちろん♡本当にやりたいことや大切なものが見えてくるのですよね(´˘`*)

これからを生きる子供たちには、本当にたくさんの経験を通して、明るい未来を築いていってほしいです。

そして様々な幸せの形があること、そして平和や秩序の実現は、ただ眠っていたり、何かから押さえつけられてしまっているだけで、どんな国民であれ、それぞれの心の中にすでにあることを様々な経験の中から導き、心に働きかけ、引き出していってほしいです。

201982163039.jpeg